人を待たせるという事について考えてみよう【続けていると嫌われます】

突然ですが皆さんは人を待たせた経験、もしくは待たされた経験はありますか?

待たされる状況下での1分は非常に長く感じますよね。

今回は「人を待たせる」という行為について僕なりの意見を述べさせていただきます。共感したり参考にしてくださると幸いです。

人を待たせることで起きる心の変化

1.気持ちの良いものではない

もし予定があって時間を気にしないといけない時に遅刻をされるとものすごく腹が立ちますよね。

時間に余裕があったとしても待たされる側は気分がいいわけありません。

時間を潰せる施設が付近にない場合はより腹が立ちます。

 

集合が遅れると行きたかった場所にも行けなくなったり、時間を詰めたりしないといけません。そうなると一日の予定が狂ってしまいます。

大事な打ち合わせや会議だとたった数分の決断がその会社全体の損失に繋がることもあります。

何にも良いことなんてありません。

誰も得しないことが起きてしまうというのが怖いですね。

2.相手の気持ちと人生を奪っていることを自覚しよう

時間を決めたのにもかかわらず人を待たせるとその人に対しての信頼が失われます。

大げさのように聞こえますが誰も言わないだけで心の中では「この人平気で遅刻するんだ」というレッテルを貼っているのです。

 

もし一時間待たされたとしましょう。一時間あったら何ができると思いますか?

僕の場合はブログを1記事書くことが出来ますし、筋トレ好きの方なら割と満足のいくトレーニングができます。

 

このように考えたとき、本来得るはずだった知識や労力を捨てて相手を待っていることになります。

どれぐらい待たされるか分からない中だと行動も制限されますからね。

本を読む場合で考えると5分待たされるのか30分待たされるのか分からない状況だと集中力もかなり違ってくるでしょう。

3.連絡がない時は最悪です

何も言わないで遅れてくる人っているじゃないですか。それマジで迷惑です。笑

連絡さえくれれば少し違う場所に移動し足りもできますが何もないとその場から動けませんよね。

こっちが急かしても相手は気分が悪いでしょうし、なるべくお互いが気持ちよくなれるようにしたいじゃないですか。

遅刻している時点でこちらは気持ち良くないですけどね。笑

4.ごめんの一言がない時も最悪です

たまに遅れてきても謝らない人っていますよね。

自分のした行いを分かっているなら良いのですが、そんなの聞いてもしょうがないので「ごめん」と一言伝えてください。

ある程度の仲なら許してくれますしそれだけで少しは気持ちも晴れます。

 

ただ、謝れば許してくれるという考えになっている人は顔を見ればすぐ分かるので絶対許しません。笑

実際僕の周りにもそういう人がいましたが徐々にフェードアウトして縁を切りました。

 

知り合いと言えどあくまで他人なので縁なんて簡単に切れます。手遅れになる前に遅刻癖は直した方が良いでしょう。

人を待たせる人に言いたい2つのこと

1.時間にルーズという言葉ってどうなの?

よく「自分は時間にルーズなんだよね」と言う人がいますがそれって誇らしくないですよね。

自分から信頼を減らしているわけなので言わない方が良いと思います。

朝が起きれないとか、時間を見ていなかったとかは言い訳にしかなりません。笑

もしどうしても改善できないようなら自分が必ず来れる時間に設定してほしいものです。時計を見る癖も付けるようにしてほしいですね。

 

ちなみにこういう人って大事な面接のときは割と遅刻しないんですよ。

良い意味で言えば遅刻しても気まずくない相手だからこういうことをしているのでしょうが、悪くいえば相手の事を舐めているという事です。

何回も遅刻が続くようなら確実に舐めてます。

時と場合によりますが一回ちゃんと叱った方がいいですね。

相手を気遣って何も言わないのは優しさとは違うのでガツンと言ってやりましょう。

2.相手の立場を考えてみよう

遅刻常習犯は自分が待たされる経験が圧倒的に少ないので相手側の気持ちを考えることがほとんどないです。

なので、ここで一回冷静になって考えてみてください。

相手の事を考えながら待つ1時間相手の事を考えずにいた一時間どちらが疲れるでしょうか?

ほぼ全員が前者と答えるでしょう。

 

腹立たしいですよね。その気持ちをぐっと抑えていつも相手は「そんなに待ってないよ」「全然大丈夫」と言っています。

僕もいつも言っているのでわかります。確実に本音じゃないです。笑

なぜ本当のことを言わないのかは分かりますよね?キレた所でそのあと気まずいからです。

 

ここで待たす人と待たされる人の大きな違いが分かったはず。

待たされる側は常に相手の事を考えて行動している人に多いのです。

いかに相手が嫌がらないかを考えており、お互いが波風立てずに待ち合わせできるよう気にかけてくれているのでありがとうの気持ちは忘れないようにしましょう。

最後に:遅刻癖は改善するべし

なんだか僕の不平不満をぶつけただけになってしまい申し訳ないです。

遅刻したくてしているわけじゃないという意見があるのはもちろん分かります。

 

だって昨晩徹夜で作業していたら起きれないのも無理ありません。

時間を見ることを忘れるくらい何かに集中していたのかもしれません。

全部わかります。自分にもそういう時はあるので。

ただ、相手を待たせている状況では少しでいいので緊張感をもっていてほしいのです。

 

それだけで大分改善されるはずです。

あまり相手に甘えていると愛想尽かれてしまうのでね。

もし自分に当てはまるなという方がいたら考えてみてほしいです。

 

お互いが有意義な時間を過ごせるように頑張りましょう。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました