アンチってなんで湧くの?アンチ側に回ると損ですので今すぐやめましょう。

こんにちはニートブロガーのよしたかです。

皆さんはアンチを目にしたことがありますか?

アンチというのは英語でantiと書くように「反対」や「対抗」という意味を持つ言葉です。

人気者にはこういったアンチ集団がつきものです。

 

今回お話しするテーマは「アンチ」についてです。

なぜアンチが生まれるのか。また、アンチになるのは損しかないというお話をしていきます。

 

アンチが生まれる原理

人は何か行動を起こすと最初は応援されますよね。

しかし、人気になり始めると悪口を言う人がポツポツ現れ始めます。

これがアンチの始まりなわけですが、こういった人たちはなぜ生まれるのかご存じでしょうか?

 

それは「嫉妬」です。

嫉妬って人間の中で一番成長を促すものであると同時に身を滅ぼすこともあり良くも悪くも素晴らしい感情だと思います。

人は成功を収めるとどうにかしてその人の粗を探し始めます。

テストの答えは当たっているけど計算式が間違っているから駄目だよという人みたいなものです。

きれいな字を書いていても書き順が違うんじゃない?と言ったり普段気にしない部分に敏感になります。

少しでも自分の知識が上だと分からせたいのです。

それって端から見ると性格悪いなって思うじゃないですか、

でも彼らには彼らなりの正義があるんですよね。

だから人は一生分かり合えないとも言われています。

 

「嫉妬」がアンチを生む要因になっていると言えるでしょう。

アンチはなぜ止まない?

アンチって人気と比例してどんどん増殖します。

こわいですよね。笑

人が初対面で仲良くなる話題って何か知っていますか?

「人の悪口」です。

悪口とまではいわなくても人の愚痴や面白い(=馬鹿にしている)話題で盛り上がった経験は誰しもあるはずです。

それと一緒です。

 

人気者に嫉妬しているアンチ予備軍がネット上で同じ不満を持つアンチを見つけると共感し合いますよね。するとどんどん拡散して結束していきます。

この「共感」する部分が最大の強みです。

この共感を一視聴者と分け合うと「ファン」になり、悪口を分け合うと「アンチ」

なっていくという事です。

 

なので必然的に人気の上昇とアンチは比例していくものなんですね。

無くなることはまずないでしょう。

 

アンチ側は損しかない?

人の悪口を言っているときは気持ちいいです。

嫌な気持ちになりながら話す人はいません。自分より下に見ることで優越感に浸れるからです。

しかし、人の悪口から何かを生み出した人って見たことありますか?

天才や世界の発展に貢献してきた人、お金持ちは皆人の悪口を言いません。

そりゃ一回も言ったことないかと言われればそうではないでしょう。

しかし、成功の道を歩み始めた時にはもうそんなことは口にしなくなっていたはずです。

なぜなら受け入れたからです。

アンチの言い分も分かったうえで自分が正しい。自分の行いは間違いじゃないとハッキリ言いきれたから有を生み出せるのです。

 

以前僕が書いた「物事を決めつける人」という記事があるのですがそこに出てくる人たちと一緒なのです。「アンチ」は。(↓まだ読んでいない方はこちらからどうぞ)

物事を決めつける人一蹴りする人の特徴5つ。出来るだけ回避しよう 

その鎖を振り切ることができると見えてくる世界が格段に変わります。

 

どうですか?ここまで読んだあなたならアンチ側に回ろうと思わないはず。

まず第一に悪口を言うのは「自分が知らないから」というのもあるんです。

だから人がやっている行動にいちゃもんを付けるんです。

その実態をよく知らないから。

上辺だけ見ると詐欺まがいな事をしているんじゃないかと思う人もいます。

ですがよく見れば有益な情報を売っているだけだったりします。

一般人からしたら情報商材って実態がよくわからないですよね。

なので「不信感を抱く」しなによりそれでお金を儲けている人に「嫉妬」するんですよ。

もちろんそれで詐欺をしている人もいますが叩かれている人にもフォロワーがいるわけなのでその人たちの声に耳を傾けてみるといいですね。

そのうえでどちらが正しいかを判断して自分はこうしようと意志を持つことが大切です。

 

自分にとって利益があると思えば他人が何と言おうといいのです。

アンチをしている時間って本当に無駄ですからね。

見てて気分が悪い人がいるなら見なければいい話ですし、

面識もない人にわざわざ自分の時間を使って必死にならなくていいですよね。

 

マウントを取るだけが人生の楽しさじゃないですからね。

こうしてみるとやっぱりアンチって損です。

受け入れるか否かだけで自分の成長を伸ばすことも止めることもできるんですから。

僕はもちろん伸ばす方を選びます。

 

出る杭は打たれるという言葉

この言葉って本当ですが日本は特に叩かれるような気もします。

欧米では才能があるならとことん伸ばせというのが方針ですが

日本は集団意識が高く、はみ出し者は嫌われやすいです。

日本で飛躍したいと考えている人は打たれてもへこたれないようなメンタルを身につけることが必須になってきますね。

僕みたいなニートのメンタルでは到底この先現れるアンチに対抗できないので鍛えなければいけません。

そのため筋トレもしています。(詳しくはこちら↓)

ニートは一般人より10倍筋トレした方が良い5つの理由。行動ができれば何かが変わる。

 

あと、受け入れてくれる仲間の中に飛び込むのもありですね。

ブロガーだったり経営者や旅人なんかは考えがとても合理的なのでそういった人たちの中にいればアンチが来ても屁でもないです。

要は支え合える人や自分とはかけ離れた凄い人達がいると背中を押してもらえるという事です。

 

成功には孤独がつきもの

この話は何度も他の記事でしていますが何回も言い聞かせることが重要なので言わせてください。

どんな天才も最初は一人でした。

孤独にいろんなものを捨ててコツコツと続けていったのです。

色んなものに当たる部分が遊びや、お金、友人の誘い、そしてプライドです

プライドがあるから自分を正しく見せようと相手を下げることを考えるのです。

プライドがあるから素直に吸収しようとせず遠回りをするのです。

 

僕もまだまだ捨てきれない恥やプライドがあるので成功を収めるためにも要らないものは捨ててそこに新しい知識を詰め込みたいです。

 

最後に

最後にこの記事を書く経緯をはなします。

昨日Twitterを見ていた時にタイムラインに広告が流れるじゃないですか。

あれって一般の人でもお金を払えば出せるんですよ。

そこにたまたまnote販売を宣伝する大学生を見かけたんです。

noteというのは自分の培ってきた知識やノウハウを分野に限らず有料だったり無料だったりで公開したりするものです。Twitterのように使うこともできます。

 

そのタイムラインに乗っていたツイートのリプ欄(コメント)にかなり誹謗中傷が書かれていたんですね。

いくら一般から見て怪しそうに見えるからと言ってそんなによくも知らないでボロクソ叩く人がいるんだという事実が恐ろしかったです。

なのでその人のプロフィールとブログもやっていたので見に行ってみました。

やっぱりかなりの努力家でした。

あー、やっぱり行動する人とあげ足や誹謗中傷を書いている人とではこんなにも考えが違うのかと悲しくなりました。

僕も数年前の考えだったらコメントはしないものの嫉妬していたと思います。

今は嫉妬よりも尊敬に感じます。

 

皆さんもできればアンチになるのではなくアンチを受け入れる側になれるといいですね。

 

この記事自体、愚痴みたいなものなので共感したとしても広める必要はないので無理に吐き出さず頭の片隅にでも入れておいてくださいね(^^)

それでは。

タイトルとURLをコピーしました