個人的に面白かったMARVEL映画ランキングTOP5!!

マーベル

先日MARVEL映画(アイアンマン~スパイダーマン:ファー・フロム・ホームまで)を視聴し終えたのでランキングを付けていきたいと思います。

MARVEL映画をよく知らない方は

この順番で見始めるといいよ↓

2008年公開
『アイアンマン』
『インクレディブル・ハルク』

2010年公開
『アイアンマン2』

2011年公開
『マイティ・ソー』
『キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

2012年公開
『アベンジャーズ』

2013年公開
『アイアンマン3』
『マイティ・ソー2』

2014年公開
『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

2015年公開
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
『アントマン』

2016年公開
『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』
『ドクター・ストレンジ』

2017年公開
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』
『スパイダーマン・ホームカミング』
『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

2018年公開
『ブラックパンサー』
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
『アントマン&ワスプ』

2019年公開
『キャプテン・マーベル』
『アベンジャーズ:エンドゲーム』
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

 MARVEL映画面白かったランキングTOP5!!

初めに言っておきますがアベンジャーズ作品はランキングに入れていません。

理由は当然面白いからです。笑

TOP5は各ヒーローが単独で出ている映画に絞ってランク付けしました。

 

もちろんアベンジャーズ作品の評価も知りたいと思うので後半はそちらを含めたランキングTOP10を用意しています。

なので最後まで目を通して下さると幸いです。

第5位:キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー

この作品はキャプテンアメリカシリーズでは2作品目に当たります。

前作ではキャプテンアメリカ誕生~本当のスーパーヒーローになるまでが描かれていましたが、映画公開順ではなく時系列順で見ようと思って一番最初に視聴したため、話がよく分からなかったんですね。(それ以降は公開順に見ていきました)

 

少しキャプテンアメリカ作品に苦手意識を覚えた中、この作品を見て一気に手のひらを返しました。笑

キャプテンアメリカは超能力をもたないので必然的に激しい肉弾戦になるのですが、それが本当にカッコイイのです。

ストーリーもテンポよく、とても理解しやすい内容でした。

 

前作登場していたペギーカーターがスティーブ(キャプテンアメリカの名前)と再開するシーンは切なすぎましたね。( ;∀;)

第4位:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

アベンジャーズ:エンドゲームの後公開された映画で、これまで話の舞台がどんどん宇宙に行ってしまうことに僕としては内心「う~ん…」と思っていたところ、スパイダーマンの映画を見て感動しました。

やっぱり地球で戦って人々を守る方がヒーローらしいなと感じますね。

スパイダーマンがマーベル映画で唯一学生ということもあり純粋な恋愛模様も凄く良いなと思いました。

 

この映画の見所はなんといってもアクションCG技術です。

今作の敵がドローンを使用して幻影を見せる敵なのでめちゃくちゃ迫力があります。

スパイダーマンが幻影に翻弄され、暗闇を彷徨うシーンはライフイズストレンジ(ゲーム)の終盤を思い出しました。笑

初代スパイダーマンとどうしても比べられてしまいますが、どんどん主人公も成長していきますし、今後が非常に楽しみです。

第3位:アントマン

これはザ・漫画敵でワクワクが半端じゃないです。

アントマンは量子力学の力によって自身の体を小さくしたり大きくしたりできるようになります。

小さくなったときは蟻の背中に乗って移動したり、指示をして共に任務を遂行しています。

 

この映画は当時MARVEL映画を何も意識していないころに見たのですが、同じ世界観でありながら単品作品として非常に高い完成度でした。

MARVELの知識があれば細かい分も楽しめますが、何も知らずに見ても面白いですね。

最後の戦闘シーンはMARVEL映画の中でもTOP3に入るぐらい好きな戦闘です。

第2位:アイアンマン3

アイアンマン単独作品の最後を飾るこの映画はまさに集大成です。

1ですでに完成されているスーツのパワーが3ではとんでもないことになっています。

他のサイトを見ると意外にも評価が低いですが、戦闘シーンのスタイリッシュさカメラワークは本当に鳥肌ものです。

 

ラストの戦闘ではスーツを何度も着脱したり、敵にスーツを着させて動かなくさせるといった頭脳の高い戦い方をしており、トニー(アイアンマンの名前)が皆の憧れになる理由を再確認できました。

ちなみにアイアンマンシリーズだけで順番を付けるなら3→1→2の順に好きですね。

第1位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

「一見ヒーローぽくないし、団体で戦うのってなんかな~」そう思っていた過去の自分を叱ってやりたいです。

ヒーローは地球で戦ってなんぼでしょ!と今でも思っていますがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに関してはそんな屁理屈を無視してぶっちぎりで面白かったです。

 

大まかなストーリーは、スターロード(主人公)がオーブを盗んで売り払おうとするところに様々な理由で関わってくる人達と出会う中、盗んだオーブに入っていた石が全てを破壊することが出来るインフィニティストーンだったことが判明します。

「これはちゃんとしたところに保管しないといけない」という話になり、最終的にチームを組んで悪の手からオーブを守るというお話です。

 

目的が違う同士が結託して最終的には家族のような間柄になるという話は初期のワンピースを彷彿とさせるワクワク感がありました。

登場人物1人1人はめっちゃ強いというわけではないですがそれぞれに見せ場があって見ていて飽きないですね。

 

最後スターロードを守るために仲間が身を削るシーンは胸熱くなりました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2では戦闘シーンがド派手になっていて楽しかったですが高揚感でいうと1の方が若干高かったのでこちらを1位としました。

また、2をランク入りさせなかったのはTOP5という少なさの中同じシリーズでランキングを埋めたくなかったからです。

アベンジャーズを含めたランキングTOP10

10位:『アイアンマン』、『ドクター・ストレンジ』

9位:『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』

8位、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

7位:『アントマン』、『アイアンマン3』、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

6位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』

5位:『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

4位:『アベンジャーズ』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

3位:『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』

2位:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

1位『アベンジャーズ:エンドゲーム』

こんな感じです。エンドゲームは1位と言えば1位ですが個人的には不服な部分も多かったですね。笑(ネタバレになるかもしれないのでここでは書きません。)

興奮度でいうとインフィニティ・ウォーと1番最初のアベンジャーズがテンション上がりました。

 

『キャプテンアメリカ/シビル・ウォー』と『マイティ・ソー/バトルロイヤル』は単独映画ではありますが他のヒーローも登場するので先ほどのランキングには挙げませんでした。

MARVEL作品見るならDisney+がおススメの理由

さて、ランキングも発表し終わったところでMARVEL映画を見るときにおすすめのサービス『Disney+』を紹介します。

 

MARVEL映画って他の動画配信サービスだとあまり揃ってないんですよね。

おそらく権利とかいろいろ大人の事情があるのでしょう。なので現状はDisney+一択といったところですね。

『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』以外の映画なら全てDisney+で見ることが出来ます。

そのうちファー・フロム・ホームも見られるようになるかもしれません。

 

Disney+は初回登録月が無料なので1ヶ月間もあればMARVEL作品を網羅できます。

U-NEXTやAmazonprimeで見ようとするとどうしてもレンタル(課金)しないといけませんから、金銭面から見てもDisney+がおススメですね。

Disney+に登録するなら

Disney+に登録するならポイントサイト経由がおススメです。

以下2サイトからのみDisney+へ登録する際に経由するとポイントがもらえます。

ハピタス600円
ポイントインカム600円

Disney+の1ヶ月分が700円(税抜)なので、初月で解約すれば600円ゲットできますし、翌月も利用したいと考えているなら実質100円で2ヶ月Disney+を楽しむことが出来ます。

 

また、ハピタスは上記のリンクからポイントサイトに登録するだけでもポイントが貰えるのでお得に利用したい方は利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました