【伝説対決Arena-of-Valor】エルスのスキル使用法&逃げ方解説

伝説対決エルス_ic

今回はいつものような立ち回りやスキル解説ではなく

実践での使い方や逃げ方についてまとめてみようと思います。

 

エルスは火力がとても高いマークスマンですが使いこなすにはかなり難しく、

終盤1vs5などの状況では戦況をひっくり返すなんてのはほぼ不可能になります。

 

スキル2に関しては当てられなければ無に等しい存在となるので

この記事を参考に少しでも上手く立ち回れるようになっていただければなと思います。

それではみていきましょう(^^)

スキル2をしっかり当てよう

エルスのスキル2は当たれば最高の牽制になりますが当たらなければ

集団戦に参加していないも同然となってしまいます。

 

範囲はこのようにかなり広いので相手に姿が見られないように茂みの中から狙撃しましょう。

近くに茂みが無い場合は壁やタワーに身を寄せることで透明化し、なるべく狙撃を悟られないようにします。

 

当て方のコツ

これについては正直慣れとしか言いようがないですが、狙うべき相手の動きをよく見るだけでも当たる確率は変わってきます。

自分の狙撃を構えた時に敵が上下左右どちらかに行き来しだしたら予測して打てばいいし、

自分と敵の距離が広ければ広いほど偏差射撃(弾が届くタイムラグを計算して相手の移動する少し先に打つこと)が重要になるでしょう。

 

最初の内は動いている敵よりも敵がリコールしようと立ち止まっている時や

ミニオン処理に気を取られている時に打つと当たりやすいですね。

狙うべき相手

これはもちろんメイジやマークスマンなどの柔らかい敵を狙いましょう。

この2つは集団戦においても基本後衛にいるためエルスの射撃で撃ち落とすとかなり優位になります。

 

皆がタンクを殴っている場合はスキルよりも通常攻撃で加戦した方が効率がいいでしょう。

フェンリルやムラマサなどの装備が積めれば固い相手でも結構削れます。

まあ、装備が整うまでは集団戦以外でタンクを狙う意味はないですね(^^;)

使うべきタイミング

試合開始直後はミドルレーンの茂みからメイジやその他柔らかい敵への嫌がらせに使います。(ミニオンの経験値はなるべく吸わないように意識しよう)

その後のドラゴンレーンでは基本的に使わずジャングラーが来るまで溜めていますね。

(2~3スタック溜まれば狙ってみてもOK)

 

集団戦が始まったらジャングラーがキルしきれなかった敵を仕留めたり後衛のマークスマンへ圧をかけていきます

タイミングとしてはこんな感じですね。

 

ちなみにスキル2を使えばミニオンの処理を素早く終わらせることが出来るため

使いたくなるのは分かりますがぶっちゃけていうとここでの使用はもったいないです。

 

クールダウンに時間がかかるし、使うべきタイミングで敵を逃がしたりする羽目になります。

サポートが出張中で1人の場合は押されてしまうのが怖いので使っていきましょう。

テクニック1~スティール~

射撃モーション時に相手からは弾道が見えている場合があるので打つ瞬間までは照準を合わせないようにすると上手く当てられます。

(画像:プロゲーマーRushさんの動画から)

こちらは力のゴーレムをスティールしようとしている場面になります。

照準が合うまで下に向けているのが分かりますね。

見事命中!

ギリギリまで弾道を見せないでいたので最後の一撃をエルスが奪い、そのままバフをゲットできました。

もし弾道が見えていたら敵はゴーレムへの攻撃をやめるか自分の背中で受けていたでしょう。

 

このテクニックを使えばダークスレイヤー、ドラゴンクレイダスなども簡単にスティール出来ます。

また、敵を狙う時にも有効なので覚えておきましょう。

テクニック2~近接撃ち~

(画像:プロゲーマーHAKさんの動画から)

もし敵が詰め寄ってきた場合はすぐに逃げても良いですが勝てそうなときはスキル2を速射してみましょう。

 

照準が定まっていなくても相手が近ければ関係ないですからね。

ちなみに撃つときはかなりピッタリくっついたほうが確実性があります。

エルスを使っていると近接戦が怖くなりがちですが速射が当たれば勝つことも不可能ではないので

当たる距離感を練習で身に付けておくと役に立ちますね。

スキル1を効果的に使おう

スキル1はレベルに応じて視界が取れる範囲が広がります。

そして案外気付かない、というか忘れがちなのがパッシブです。

 

このスキルを解放したら狙撃(スキル2)使用時は5スタック溜めてから使用しましょう。

画像の赤丸部分ですね。

茂みに隠れていない場合もとどまってさえいればスタックが溜まります。

こちらは物理防御貫通が上昇するのでかなり重要。(最大35%貫通)

 

妖刀ムラマサを積めばこのパッシブと合わせて80%もの物理防御を貫通できるようになります。

強すぎますね。

スキル1の置き場所

序盤は基本自陣側の茂みに置き、なるべく奇襲されないように立ち回ります。

装置はしばらく踏まないと消すことが出来ないので近くにおいておけば消しに来た敵へ

通常攻撃でダメージを与えたり、スキル2を容易に当てることも出来ます。

 

後半では敵のジャングルに設置したり、自陣のジャングルに置くことで敵の位置を把握できてとても便利です。

終盤は戦闘に意識が割かれて設置を忘れているので気をつけましょう。

 

ちなみにレーン処理やドラゴン処理を早くしたい場合もスキル1を設置しておけば

装置の範囲内に追加ダメージが入る仕様となっているので有効活用してみてください。

(追加ダメージはモンスターのみなので集団戦中に設置しても効果はありません。)

スキル3を使いこなせば機動力抜群

離脱とはその名のとおりで、エルスは攻撃速度が遅いので近接戦になるとかなり弱いです。

もし掴まってしまったらほぼ死なのでこちらのスキルを使います。

注意点としては矢印の方向とは逆に向けて飛んでいくので焦って間違えないようにしましょう。

上記の画像の場合は前に打ち、後ろに下がります。

こちらは壁もすり抜けられるので便利ですね。

 

逃げ以外の使い道

スキル2より威力は当然下がりますが弾の出が速いので敵を仕留める時にも使えます。

上記画像の赤線あたりまで弾が届くのでしっかりと軌道を定めて打ちましょう。

 

後半攻撃速度が上がったエルスと殴り合う場合は大体このスキルで逃げながら仕留められるので敵にする時は気を付けて欲しいです。

深追いは禁物ですね。

 

また、追いかける時にスキルを下に向けて打てば瞬時に相手との距離を詰められます

上手いプレイヤーはこれが出来る人が多いので頭に入れておきましょう。

ただし唯一の離脱スキルを使うのはそれなりのリスクがあるという事を忘れずに。

 

タレントで瞬間移動をつけておくと安心です。

エルスのビルドについて

靴は攻撃速度をあげる騎士のブーツが最適でしょう。

万能の刃はクールダウン速度と攻撃速度が上昇するので早めに積んでいます。

 

後半はムラマサの物理防御貫通と、フェンリルの高火力で確実に柔らかい敵を落としきります。

最後のランクブレイカーは物理防御貫通と非戦闘時の移動速度上昇が付いているのでエルスとの相性がいいですね。

 

エルスの戦闘スタイルからして無限の刃はあまり意味がないなと感じたので外しています。

大体は復活しても逃げきれないですからね。笑

まとめ:ハマればキャリー、ハマらなければお荷物

非常に安定しにくいヒーローなので使う際は十分に練習してからにしましょう。

慣れれば狙撃の快感に病みつきになります。

 

序盤は籠りながら戦う方が良いですが終盤は通常攻撃でチクチク狙うのも割と強いので

近づき過ぎず遠すぎずを意識して立ち回りましょう。

 

最後にプロのプレイ動画を貼っておきます。

それでは👋

《ahq Rush 》Elsu Play!! One Shot One Kill!! Almost 40% damage
タイトルとURLをコピーしました