伝説対決のユーザーは暴言が酷い?人口を減らしている原因は自分

伝説対決の暴言問題について

こんにちはよしたかです。

今回はいつものヒーロー解説ではなく、このゲーム自体のお話をしていきます。

 

さっそくですが皆さんは伝説対決をプレイしていて不快になったことはありますか?

伝説対決に限らずMOBAというゲームジャンルにおいては暴言というものがつきものですよね。

それは5対5のチーム戦という事もあり、チャットで気軽にコミュニケーションをとれるようになっているからです。

 

しかし、見ていて不快な会話は1日5~10プレイぐらいしていたら見受けられます。

本記事ではそのような事が起こってしまう理由改善策についてを書いていくので自分が暴言側の人間かどうか見極めてみてください。

そしてつい不快な事を言ってしまったら謝りましょう。

暴言はなぜ飛び交うのか

暴言が飛び交う理由にはいくつかの原因があります。

集団戦への不参加=マップを見ていない

まず1つ目が集団戦への不参加です。

ジャングラーやサポートをやっていると集団戦への参加はほぼ必須。

しかし、場合によっては遠かったりジャングルを狩るのに夢中で気づけなかったりするでしょう。

 

そんな中集団戦が始まると当然間に合わずに味方が死んでしまいますよね。

そうなれば即座に要注意の指示を出されたり何かしらの暴言を吐かれてしまいます。

ちなみに味方が来れないと分かっているなら

無理に当たらずタワーを渡した方が良いね

関連記事:【伝説対決-AOV】サポートの立ち回りやビルドについて初心者向けに解説!! 

一人で突っ込んでデスする=ゴールド差が分かっていない

これに関しては暴言を言いたくなるのも分かりますが言ってもしょうがないです。

一旦怒りを沈めて冷静に立ち回るのが得策でしょう。

 

もしマークスマンやジャングラーが終盤、一人で突っ込んでデスするようなら1回はクイックチャットで指示してみてください。

一人で行かないで」や「待って、一旦退こう」などが良いですね。

それでも聞かない場合は完全に放っておいて構いません

 

僕はサポートをやる事が多いので守らなければいけない立場ですが

そういう人よりもメイジやジャングラーの盾となるよう行動したほうが圧倒的に勝ち筋が広がっています。

 

あと、ゴールドに差がある場合は1対1で挑むのはやめたほうが良いですね。

完成した装備が一つ違うだけで普通に負けますので度々ゴールド確認はしてください。

 

人は怒っているときほどパフォーマンスが悪くなるから

暴言はチームの士気も下がるし完全に悪循環になるよ

ちなみにバスケでもトラッシュトークという、わざと相手の怒りを買うような事を言って動きを悪くさせるテクニックがあります。

動きの判断とタイミングが分かっていない=慣れが必要だからしょうがない

僕も良くやってしまうのですが終盤ダークスレイヤーを取ったり、

相手を全部キルした時にタワーを押すのではなくミニオン処理に走ってしまう癖があります。

味方にタワーを折る力のある者がいれば絶対プッシュしたほうが良いですよね。

 

相手は復活するけど押されていることに焦って一人ずつ挑んできます。

そこをスキルで上手く引き寄せたりしてそのままgg(グッドゲーム)に持っていけばいいのです。

 

しかし僕のような安定思考のタイプはとりあえず全レーンのミニオンを処理してから向かおうとしますよね。

それで到着が遅れて全員死んだら一気に負けです。

現にそういう試合は何回かありました。

 

そして負けた後に全チャ(ロビーにある雑談場所)でこういわれるのです。

「トロールすんなよ」「あの○○ありえない」悲しいですよね。

負けた試合の後は全チャで何か言われないか

つい見張っちゃうよね

前にフレンドが誘ってきた時に参加したらダイヤ帯へ連れていかれたことがあり、

完全に緊張して良い動きが出来ず、当然試合後に全チャで暴言を言われてかなり動悸がしましたね。笑

 

一応試合には勝ちましたが「これがダイヤか・・・」と怖くなりしばらくランクに潜れませんでした。orz

ちなみにその人は度々全チャで文句を言っている人だったので少し安心しました。

暴言厨には完全無視でOK

もし自分は悪くないと思ったら言い返すのではなく無視しましょう。

試合中のチャットは切っていた方が気分的に楽です。

 

クイックチャットが充実しているのでそれを使えば大体の試合で不便は感じません。

全チャも見ないようにすればOKです。

関連記事:【伝説対決】クイックチャットはどれがおすすめ?使いやすい合図を紹介 

見たくなる気持ちはわかるけど

見ても不快になる事の方が多いんだよね

試合中に言い返すと、それを見ている周りも不快ですしなにより試合に集中しろよ!って思いますからね。

人のせいにすると成長しない件について

明らかに誰かが戦犯だと思ってもその人のせいにしていると成長しません。

というのも自分は悪くないあいつのせいだと思う事で自分の良くなかった行動を反省しなくなるからですね。

 

僕は明らかに戦犯がいる時でも常に反省しています。

あそこで一緒に行動しておけばな~とかミニオン処理よりも集団へ参加したほうが良かったなとか様々です。

 

MOBAにおいて自信過剰ほど成長の妨げになるものはありませんからね。

どの役割でも常に自分がキャリーするぞという気持ちでいきましょう。

プレイヤー人口が減っているのは自分のせいかも

MOBA系のゲームって凄く戦略性があって面白いですよね。

それでも日本のプレイヤー人口が少ないのはなぜでしょう。

 

これについて僕は暴言厨もプレイヤー人口の減少に繋がっていると思います。

パズドラやモンスト、その他有名なスマホゲームではほぼ1人で黙々とできるので外的ストレスというのが少ないですよね。

しかし、MOBAではチームを組んで戦うわけなのでどうしても自分一人では勝ちに繋がりません。

そうなればイライラも募り、その怒りは他者へと向かっていくわけです。

 

日本語の豊かさが仇となるMOBA界隈

日本人はネットでの誹謗中傷がとにかく酷いと有名なのはご存じでしょうか。

Youtubeのコメント欄を見た海外の人はそのあまりの酷さに驚いたらしいです。

外面が良く、おもてなし精神の高い日本人と思っていたのに腹黒い一面を見て幻滅したことでしょう。

 

そしてそれはMOBA系のゲームでも色濃く反映されています。

海外のAOV動画でもチャット欄で文句が飛んでいる事を確認できますが日本人ほど陰湿な暴言は見受けられませんでした。

しつこく言う人が少ないという点が海外の良い所だと思います。

 

試合後に全チャで見ているかもわからない相手に向けて言う必要もないですよね。

そういう文句はTwitterのように自ら見ようとしないと見れないような場所に書き込んで欲しいものです。

 

それに、そういった会話を見た新規ユーザーはどう思うでしょう。

MOBA未経験の人にとっては結構ショッキングな会話ですよね。

僕も昔完全初見で始めたwarsongというMOBAで暴言を見た時は「えぇ…」って感じでした。

ちなみにMOBAになれた今でも暴言を言われたり

要注意ピンを連打されたらパニックになる…

まとめ:暴言はメリットがない+一時的なストレス解消に周りを巻き込まないで欲しい

これにつきますね。

試合中に良い動きをしていたら「ナイスプレイ」と言ってあげると相手は嬉しいしこちらも頑張ろうと思えます。

 

もし味方がヘマをしても「大丈夫、気にしないで」と打っておけば緊張もほぐれるでしょう。

大体、負けようと思って試合している人なんてほとんどいませんからね。

勝ちたいのは一緒です。

ただ技術が見合っていなかったり、知識不足なだけなので大目に見てあげましょう。

 

怒られて成長する人なんていないし、

ゲームでストレスを溜めるのはもったいないよね

本記事は以上になります。

それでは👋

 

タイトルとURLをコピーしました