【伝説対決-AOV】初心者向けサポートの動き方&サポート装備解説

伝説対決をやっている人に多いのがサポート使えない問題です。

これについて僕は割と深刻に見ており、ランクマッチではやってくれる人に対して「ありがとう」なんて言うほどです。。。

 

僕はピックに悩むタイプなので大体余ったサポートをやるしかないのですが

慣れてしまえば楽しいし、案外悪くないです。

なんならサポートが上手いと勝ちに繋がるという事を本記事で伝えていきたいと思います。

 

今回は完全初心者向けなのでよろしくお願いします<(_ _)>

サポートの役割について知ろう

サポートの役割とは何ですか?と問われれば文字通り見方をサポートする事です。

試合結果でアシスト数がチームで1番になる事が多いのもこの役割の特徴ですね。

 

主に集団戦に参加して敵のダメージを受ける、視界を取る(相手の位置を皆に見えるようにする)など、やることが結構多いです。

常にマップを見て動く役割なのでいち早く味方を助けに行ったり、ドラゴンクレイダスを狩る指示をするのもサポートが多いですね。

 

後半で紹介するサポート装備の性能によっても若干動きが変わってくるので注意しましょう。

責任が大きいように感じる役割ですがそこまで気負いせず、楽しんでみてください(^^)

個人的おススメサポート

初心者におススメのサポートヒーローを簡単にご紹介していきますのでぜひ使用して役割に慣れていきましょう。

セイン

セイン

パッシブで回復できるため中々死なないのが強み。ウォーリアの性能も備えているためult(スキル3)の火力も申し分ない。

スキル1を上手く敵に当てて手前に持ってくる動きが出来るようになれば勝ちも同然。

グラック

グラック

スキル2のフックは相手にとって恐怖以外の何物でもない。ultは必ずフックで捕まえてからじゃなくても不意に使うと案外引き寄せられる。

相手を予測してフックを投げられるようになればレベル差があっても1体複数で叩いけば勝てる。

クリジス

初心者にはスキル2を使うタイミングが少し難しく思うかもしれない。

いるだけでも警戒されるヒーローなので使い慣れておくとランクマで大活躍する。ミニオン処理も一人でこなせるので便利。

サポートの立ち回りについて

続いては立ち回りについてです。

細かい気配りが必要な役ですが、全体を通してこれから紹介する動きが出来ていればOKというものをまとめてみました。

序盤:ジャングルへの侵入を許すな

伝説対決のプレイ画面

試合開始から少し経つとジャングルモンスターが湧いてきます。

サポート含め多くのヒーローはこのジャングルを守るため茂みに隠れますよね。

 

特に知恵のゴーレム力のゴーレムは取られないようにしたい所。

サポートという役を請け負ったからには侵入してくる敵は絶対に食い止めましょう。

伝説対決のプレイ画面

相手がグラックジップの場合は特に注意しておきましょう。

知恵のゴーレム周辺に味方がいる様なら力のゴーレム周辺を見張っておくとジャングラーは安心してくれます。

 

ちなみに相手が無理矢理近寄ってきた場合は集団戦が始まるので

画面のようにセインを使っている場合は相手を押し出すのではなく自軍側に押し込みましょう。

そうすることで相手はキルを恐れ逃げるようになります。

 

あえてジャングルに呼び込んで茂みから相手を囲み、逃げ道を塞ぐ戦法もありますがそこは味方の様子を見て奇襲を仕掛けていくと良いですね(^^)

 

ちなみに序盤のミニオンは殴っても良いけど

ラストヒットを取らないようにしてあげよう。

経験値とゴールドを少しでも味方に吸わせた方が

集団戦で勝ちやすくなるからね。

ちょっとしたテク

伝説対決のプレイ画面

グラックを使っていればドラゴンクレイダスの位置からスキル2で知恵のゴーレムを引っ張ることが可能です。

 

伝説対決のプレイ画面

序盤にやればかなりウザいし、相手のジャングラーは成長が遅れるので出来そうなときは狙ってみましょう。

中盤:集団戦へ駆けつけよう

マークスマンがある程度育てば押せそうなレーンに行って集団戦を起こしましょう。

もし自分が不在の時に集団戦が始まっていれば急いで駆けつけるようにしてください。

 

ミニオン処理はタワーに攻め入って無ければ放っておいていいです。

最悪タワーに入ってきても折れないぐらいの耐久度が残っていれば放っておきましょう。

サポートが集団戦に参加出来ず味方が死んでしまう方が損ですので。

特にアリスやグラックはミニオン処理が遅いので無視して良いでしょう。(集団戦が起きていなければ食い止めてくださいね)

終盤:視界取りを入念に

伝説対決のプレイ画面

ダークスレイヤーを狩るときはこの位置で視界を取っておきましょう。

そうすることで一早く味方に伝わり、スティールされる心配も無くなります。

サポートがダークスレイヤーを攻撃しても微々たるダメージなのでそれよりは視界取りした方が圧倒的に役立ちますね。

 

また、この位置取りを行えば相手のジャングラーの位置を知るキッカケにもなるので便利です。

上記の画像で例えると敵ジャングラーが力のゴーレムを狩っている所を見つけられれば

ドラゴンレーンにいるマークスマンは安心して敵ジャングルに入り知恵のゴーレムをスティールできますよね。

 

一見意味のない視界取りに見えても味方にとっては良い情報になるので手が空いたら敵ジャングルに入って位置を探ると良いでしょう。

サポート装備は何を買うのがベストか分からない人へ

サポート装備には4種類あり、最近のアップデートで基本性能は全て一緒になりました。以下ステータス

サポート装備4種の基本ステータス

・クールダウン速度+10%

・マナ自動回復-5秒毎

・物理防御+250

・最大HP+500

・移動速度+5%

しかしそれぞれのユニークパッシブ・アクティブが異なっているため試合ごとに相手を見て変える必要があります。

主に見るのはCC(コントロール効果)持ちジャングラーが誰なのかで変えていきます。

シルフィードの涙

シルフィードの涙

ユニークパッシブ:稼いだゴールドあるいはEXP(経験値)がチーム内で最低だった場合、3秒毎に5ゴールドあるいは5EXPを獲得する。

ユニークアクティブ(シルフィード限定):周囲のHPが最も低いヒーローに800(+ヒーローレベル×80)のダメージを吸収するシールドを与え、移動速度を2秒間30%上昇させる。

 

シルフィードは味方を守るときに役立ち、自分が死にそうなときにも使えるので

単純に死ぬ回数を減らすことが可能になります。

積む状況

相手にムラドなどの高火力がそろっている場合は積むようにしましょう。

自分のチームにタンクがいない時にも積んでおくと少しマシになります。

悪魔の指輪

悪魔の指輪

ユニークパッシブ:※シルフィードの涙と同じ

ユニークアクティブ:800ユニット以内の味方全員の移動速度を2秒間30%上昇させ、1000ユニット以内の敵の視界を2秒間得る。視界を得た対象は4秒間隠れる事が出来ない。

 

サポートの役目である視界取りがしやすくなります

さらに移動速度上昇も兼ねているので素早く集団戦に駆け付けることも可能。

積む状況

相手にイヴァ、クィレン、悟空がいる時は絶対に入れましょう。

クィレンは隠れていても印が見えますが集団戦だと気づけないものなので積んでおくと安定します。

イヴァがいる試合でマークスマンが一人でミニオン処理していると大抵キルされてしまいますよね。

 

そういった事故を減らすためにも悪魔の指輪を使用して相手を動きづらくしましょう

茂みで使用するのも大いにアリなので良そうだと思ったら使って下さい。

潮呼びの印

潮呼びの印

ユニークパッシブ:自信と周囲の味方に、HP自動回復20を付与する。

ユニークパッシブ2:周囲の味方の与ダメージを5%増加し、被ダメージを10%軽減する。

 

潮呼びは目に見えない安定さを持っています。

サポート役がしっかり立ち回れば味方を固めつつ火力で押し切ることが出来るのです。

序盤の殴り合いでは潮呼びを積んでいる側が自動回復も相まって若干有利になる傾向がありますね。

積む状況

こちらは好みで良いと思います。

シルフィードは一人の味方をしっかり守ることが出来て序盤は楽ですが、後半の集団戦においては潮呼びの方が味方全員にバフをかけることが出来るので強いと言えます。

序盤型のチーム構成ならシルフィード、終盤の火力が期待できるなら潮呼びでOK。

浄化の小手

浄化の小手

ユニークパッシブ:※潮呼びの印と同じ

ユニークアクティブ:500ユニット以内の味方にコントロール効果を即座に解除し、0.5秒間コントロール効果を受けない。また、その相手のHPを160(+レベル×30)回復する。

 

この装備はかなり積む機会が多いので効果を覚えておきましょう。

潮呼びと同じで自動回復効果があるのが割と嬉しいですね。

積む状況

相手にグラック、貂蝉、クリジス、ダーシーなどの強力なCC持ちがいる場合に積みます。

使用タイミングは掴まった時、凍った時と様々ですが範囲が限られているのでしっかり味方に近づいてから使用しましょう。

 

もし相手にイヴァクリジスがいる場合は悪魔の指輪を取ります。

これはイヴァが怖いからですね。笑

もしイヴァよりもクリジスの方が怖いという人は浄化の小手にしてOK。

貂蝉、グラックは掴まるとかなり危ないのでこの2人がいたら浄化を優先して取ってください。

まとめ:サポートは難しくない

最後に今までのおさらい+頭に入れておいて欲しい事をまとめたので参考にしてみてください。

・サポートの役割は集団戦に参加する事と視界を取る事

・使用ヒーローのスキルを理解して相手を見方から剥がしたり近づけたする

・サポート装備は相手の構成を見て毎試合変える

・サポートだからと勝てない戦いに突っ込む必要はない。見捨てる勇気を持つ

・序盤のミニオンは出来るだけ味方に狩らせてあげる

サポートは思ったより難しくないですが、どうしてもキャリー力には欠けています。

味方と上手く行かず負けた時は萎えるでしょう。

 

それでもサポートをやっていて楽しいと感じる瞬間は多いのでもっとやる人が増えて欲しいなと思います。

それでは👋

タイトルとURLをコピーしました