【AoV】今後の大型アップデート内容を翻訳【ゲーム環境編】

前回に引き続き、大型アップデートの内容を簡単に翻訳していきます。

普段のゲームプレイに大きく関係しそうな部分のみ翻訳していますので細かい情報が知りたい方は下記の公式サイトを参照してください↓

Garena伝説対決

 

前回の記事はこちら↓

AoV:大型アップデート【ゲーム環境編】

1.チャット機能の改善

変更の経緯:一試合の間にチームメートや対戦相手から不適切で否定的なチャットを受け取ることがよくあります。

これらはプレイヤーへのメンタルに大きな影響を与え、さらには負けゲームにつながります。試合中、これらのプレイヤーが行う暴言・悪口を抑制するために改善しました。

 

変更点:一試合でプレイヤーは友好的でない発言をしたプレイヤーに報告してフィードバックを与えることができます。

レポートを作成すると、プレイヤーはその対象からテキストメッセージを受信しなくなります。同じ対象を報告した複数のプレイヤーがいる場合、またはその対象が試合で検出された場合、チャットと他との通信に制限されます。

 

分かりそうで分からない文だよね。

多分、試合中に暴言を吐くプレイヤーからチャットを受け取らないようにできる機能が追加されるということかな。

 

もしくは試合後に報告されたプレイヤーはロビーで全チャしてもこちらからは見えなくなったり、マッチングしないようになるかもしれないね。

2.試合中の励まし

変更の経緯:プレイヤーがゲームを開始したときや試合中に前向きなイベントがあったとき、チームメイトがお互いをより迅速にサポートし、団結できることを願っています。

 

変更点

(1)オープニング励まし機能を追加しました。 試合開始後に右側の励ましボタンをクリックしてチームメイトを応援できます。

(2)ゲーム内バトル用の新しいlike関数が追加されました。 プレイヤーが最初のキル、タワー破壊、連続キルなどのイベントを完了するとチームメイトのインターフェースの右側に「いいね」ボタンが表示されます。

(3)チャレンジャーは、設定インターフェースを介して励まし機能をオンにするかどうかを制御できます。

 

この機能は海外のサーバーで触ってみたけど案外楽しかった。
なにかイベントを起こすごとに味方からいいねが付くので達成感が増した感じがするよ。

3.改善されたコーナー選択を分割

変更の経緯:レーン選択を表現するときにプレイヤーがより明確なプレゼンテーションを行うことを期待して、キャストインターフェイスを調整しました。

変更点

(1)クイックメッセージ(「ドラゴンレーンに行く」など)を送信すると、プレイヤーのヒーローアイコンの横に対応するブランチアイコンが表示されます。

(2)ブランチの小さなマップ表示を改善し、ブランチマップをより明確にクリックして、プレイしたい場所を選択できるようになりました。

※上記の機能は、事前に選択されている位置では無効です。

 

要するに、試合開始前にミニマップで意思表示する場所が変わったという事だね。

今まで小さかったからサポートに行こうとしても間違って「ジャングルに行く」って押しちゃったりしてたからその辺の改善になるよ。

4.ピックリクエストとバンに役立つインターフェイスの改善

変更の経緯:ロールをキャストするときのヘルプとグラブの明確さを調整し、ヘルプと禁止機能を追加しました。

変更点

(1)ヘルプボタンのUI表示を改善しました。 これで、ボタンがより明確になります。

(2)ヘルプと禁止機能を追加しました。 プレイヤーが禁止したいヒーローをクリックすると、アバターの右側に表示される禁止インターフェースに「禁止」ボタンが表示されます。 禁止する資格のあるプレイヤーは、ワンクリックでヒーローを無効にすることができます。

今まではバンリクエストという表示だったけどリクエストされたらその表示の横に禁止ボタンが出るようになるんだと思う。

時間がないときは便利だね。

5.ゲーム内スキルといくつかのガイダンス

ゲーム内スキルの機能に加えて、初心者プレイヤーや新しいヒーローを始めたばかりのプレイヤーがこのヒーローをより早く理解できるように、いくつかのガイダンスを追加しました。

6.機能改善の別のラウンド

変更の経緯:チームルームの機能を改善しました。

変更点

(1)部屋に戻る機能の改善:ゲームを完了した後、プレイヤーとチームメイトは[部屋に戻る]をクリックすると、元のチームルームに戻り、招待することなく次のラウンドをすばやく始められます。

(2)チーム内のプレイヤーがキャンセルした後、元のチームルームに戻ります。 部屋を作り直してチームメートを招待する必要はありません。

(3)チームがキャスティングへの参加を正常に待機している場合、同じ部屋のプレイヤーもボイスチャットを続けることができ、突然中断されることによる恥ずかしさはなくなります。

僕は普段ソロなので

いまいちどういう改善なのか分からなかったけど

チームを組む人にとってはよりやりやすくなったと思う。

7.機能を放棄しない

チームメイトが降伏を開始すると、最後まで戦いたいプレイヤーに干渉することがあるとわかりました。 そのため、このゲームでは降伏を拒否する機能を追加しました。

チームメイトが降伏を開始すると、プレイヤーは拒否することを選択でき、試合中降伏の表示を無くします。(この機能はこの試合にのみ影響します)

基本設定から「自動的に降伏を拒否する」機能をオンにすることができます。

この機能を有効にすると、ゲーム内の他のユーザーによって開始されたすべての降伏を自動的に拒否するのに役立ちます。 中断を避け、決して降伏せず、最後まで戦いましょう!

8.試合後、MVP表示がダンスからアニメーションに変更されました

決済プロセスにおけるMVPの表示を改善しました。 元のヒーローダンスアクションをヒーローホールのアニメーションに置き換えます。

 

↓MVPを取るとこんな感じ。MOBAぽくていいですよね。

9.ショートカットテキスト

ショートカットテキスト「Ihelpgrab」を追加しました。

上位のプレイヤーがチームメイトに「ヒーローをつかむのを手伝うことができます」などの表現を入力することが多いことがわかったため、ショートカットに「I」を追加しました。

テキストインターフェイス「ヘルプグラブ」のショートカットテキスト。

海外の省略語のはずなので詳しくはわかりませんが日本にもなにかしらのテキストが追加されるのではないでしょうか。

プレイヤーの評価・報告に関する改善

1.戦闘履歴から最新のゲームを報告できます

一部のプレイヤーのフィードバックに注意を払い、ゲーム後の報告するのを忘れたり、誤って報告できなかった場合があります。

今回は、過去の記録にある最新のゲームを報告する機能を追加しました。 ただし、ゲーム終了後5分で報告できなくなります。

 

結構報告し忘れることが多いからこれはうれしいね。

2.プレーヤーの相互評価表示の改善

プレイヤーの相互評価が他のチャレンジャーに表示されるかどうかを[設定]-[基本設定]で調整できるようになりました。

 

終わりに。

試合中の励まし機能であったり、報告機能の使いやすさなど大分平和な方向に進んでいるのが分かって安心ですね。

よりよいゲーム環境になることを待ちましょう。

次回はいよいよヒーロー調整の記事になります。それでは✋

タイトルとURLをコピーしました