iphone11で伝説対決をプレイしてみたら世界が変わった話

伝説対決iphone11

こんにちは!よしたかです。

 

先日iphone6sでプレイしていると紹介しましたがそこから数日後に機種変更をしました(^^)/

以前の記事ではしばらく変える予定はないと言っていましたがまさかのタイミングで変更しましたね。笑

 

そこで本記事では6sと比べて具体的にどう違うのか、そして勝率に影響はあるのかについてお話していきます。

結論を言ってしまうと世界が変わります!

前回の記事:【伝説対決】iphone6sは快適にプレイできるのか?熱対策も紹介 

伝説対決の設定はこんな感じ

伝説対決設定

6sでは、ほぼ最低に設定しておりましたが11に変えたことによってここまで上げる事が可能になりました!!

 

最高値まで上げることも余裕ですがバッテリーをすり減らしたくないので少しだけ下げています。

そして上記の画像に加え、ハイフレームレートモードをONにしました。

ダイナミックシャドウとヒーローのアウトラインは個人的に必要が無いのでOFFのままですね。

 

ヒーローが動いてくれる!!

伝説対決ヒーローHD

↑が高品質設定で↓が6sでの最低設定時の画像です。

伝説対決クリシー

ヒーローが演出と共に登場し、装飾が華やかになるので見ていてとても楽しいです(^^)/

スペックが高いので重くなることもなく、快適ですね。

あと、試合前のヒーロー選択画面でも同様に動いてくれます。

画面のみやすさについて

最初の頃は少しキャラが近いように感じていましたが多分それは思い込みのようです。

機種名高さ厚さ
iphone11150.9mm75.7mm8.3mm
iphone6s138.3mm67.1mm7.1mm

2つを比べてみると11の方が大きく、高さが約1.2cm違う+ホームボタンが無いのでゲームプレイ時の画面幅はかなり広がっていますが

見た感じは変に引き伸ばされている様子はないですし、むしろ見やすい方かなと思います。

 

画面が小さいと指で画面を埋めてしまいますからね。

伝説対決ユーザーの中にはipadじゃないと出来ないという人もいるくらいです。

なので見やすさという観点においても6sより11の方に軍配が上がりました。

60fpsの世界はココが凄かった

伝説対決グラフィック

60fpsにするにはハイフレームレートモードをONにするのですが

これが本当に凄くて、動きが非常に滑らかになるだけじゃなく、地形のグラフィックが奇麗になります。

 

黄色の丸の部分を見てもらえると分かりますが草のグラフィックがとても鮮明ですよね。

(赤丸部分はゴールドが一目で見れるようになっている状態です。高品質にすれば表示されるようで、相手との一対一を仕掛ける際に目安となるので役立ちます。)

この画像は低品質でプレイしていた時のものです。

最初の画像と比較すると草に彩りが無いですよね。

サクサク動くことで勝率は変わったのか

ハッキリ言います。

勝率は42%でした(^^;)

機種変更してから21戦行い、勝った試合が9試合なのでそこから出した割合になります。

 

この結果には僕自身が一番驚いています。

なぜなら快適さが段違いなのに勝ててないからです。笑

具体的に何が快適なのか

ディラクやヴェレスなどの重いエフェクトを持つヒーローが相手にいる場合、以前は集団戦になると結構ラグが生じていたんですね。

まず、それが完全に無くなりました。

 

そして、滑らかになったことでジョーカーの1スキや、テルアナースのult(アルティメット)といったアビリティを画面外から放つときに、とても当てやすいです。

これによってマークスマン系のヒーローをよく使うようになり、楽しく遊べています👍

最近はジャングルも積極的にやるようになりましたね。

以前はラグい時に味方へ迷惑をかけていたから

これから役立てると思うと嬉しい(*^^)v

あとこれは体感的にですが、ブリンクを切るときのミスが減ったように感じます!

まとめ:よりよい環境でプレイすることはストレス軽減につながる

ラグで負けてしまった時は行き場のない怒りを覚えますが

滑らかなグラフィックで死んだときは納得しますね。笑

 

快適にプレイできるというだけでストレスが減ったように感じますし、以前より伝説対決を楽しんでプレイできている自分がいます。

グラバトばかりやっていますがね。(^^;)

 

もし端末の変更を検討している方はぜひ変更後に伝説対決をプレイしてみてください!

そして界隈を盛り上げていきましょう。

それでは👋

関連記事:【伝説対決】試合に勝てない人にありがちな10の行動 

[itemlink post_id=”2357″]

タイトルとURLをコピーしました