【AoV-伝説対決】イヴァの立ち回りが分かってきた話

伝説対決イヴァ

みなさんこんにちは!

本記事はイヴァの使い方を僕なりにまとめたものになります。

 

なぜ今更立ち回り記事を書いたのかというと、最近になってやっとイヴァの勝率が上がったからです(^^;)

ずっと20~30%台をウロウロしていたのがここにきて47%まで上げることに成功。

 

まだまだ下手くそではありますが分かった事や気付いたことを書き留めておこうと思います。

僕みたいにイヴァの扱い方が分からず腐らしている方は参考にしてみてください。

それでは早速解説!と行きたいところですが、まずはスキルのおさらいから見ていきましょう。

パッシブ:闇の湖

伝説対決イヴァ

イヴァはパッシブによるライフスティールを持っています。

そのため、体力が無くなってもリコールせずにジャングルを狩ればすぐに体力が満タンになります。

1対1でも粘り強さを発揮できますね。

 

そしてイヴァのアビリティは最大3人まで均等にダメージが入るという性質を持っているため、これから紹介するスキル1,2をなるべく多くの敵に当てるように意識しましょう。

スキル1:残影の追撃

伝説対決イヴァ

イヴァが攻撃を仕掛けるキーとなるアビリティですね。

このスキルの特徴を簡単にまとめると

1.指定した方向に飛びついて相手を少し引き寄せる

2.飛びついた3秒後にイヴァ、もしくはスキルを当てた相手へ影が向かい攻撃する(イヴァ自身はもちろんダメージを受けない)

3.影は相手がくらった40%分のダメージを与える。(イヴァに戻ってくる場合は60%分のダメージ)

です。

 

イヴァは通常攻撃でとどめを刺すというよりアビリティで一瞬の止めを刺す方が戦い方としては安定します。

なので3秒後にくる影を上手く扱うことが肝になってくるでしょう。

3秒待たずとも再度スキル1を押せば影は戻ってくるか、敵に向かっていくのですが3秒間しっかりダメージを与えた後に追撃させた方が絶対に良いですね。

スキル1を多くの敵に当てるコツ

伝説対決イヴァ

イヴァはどのジャングルヒーローよりも居場所を悟られないようにすることが大切です。

なので基本的には茂みからだったり、この後紹介するult(アルティメット)を使って壁の中から仕掛けるようにしましょう。

まあ、イヴァを少しでも使った事がある方は大体わかると思います。笑

 

そこにプラスして僕が教えたいのは精神面についてです。

イヴァを使うにあたって必ず覚えておいて欲しいのは焦らない事です。

上記の画像は壁の先、ギリギリまで近づいたことでしっかりセインを引き込める状態にありますよね。

敵は常に動いているわけなので外れないように輪の中心を敵に被せるくらいでいきましょう。

 

少しでもスキルが当たればイヴァの元に引きこめますが逆に当たらなければこの後コンボに続けることはかなり困難です。

いうなれば最初の一発がカギですね。

 

その一発を適当に打っている様じゃイヴァの力は発揮されないどころか勝率にも響いてきます。

なので「仲間がやられている、行かなきゃ!」ではなくスキル1が当たるかどうか敵の体力をスキル1,2で落としきれるかを考えて突っ込みましょう。

 

イヴァはアビリティで落としきれなかったとき逃げスキルが残っていないので基本的に返り討ちにされますからね。

スキル2:三角結界

伝説対決イヴァ

指定した方向にイヴァと2体の影が参画の結界を張ります。

この結果以内に居る敵にはダメージが入り、さらにそこから出ようとした敵に0.5秒の短いスタンが入ります。

このスタンはイヴァが結界を作った後に動いちゃうと効果が発動しないので注意。

とはいえ、試合をしているとつい動かしてしまうのはあるあるですし、0.5秒のスタンくらいはあってもなくても良いので狙う必要はないかと思います。

 

それよりも結界を使った後に通常攻撃が3回だけ遠距離に切り替わるのでそちらを当てる事の方が重要だったりします。

基本的にスキル1→スキル2と決められた相手は逃げますので、そこを遠距離通常で追い打ちをかけ、影で止めを刺しましょう。

後半になってくるとこの遠距離が地味に痛いですからね。

注意点

伝説対決イヴァ

スキル2も短いですがブリンク(移動)になりますので1で奥に行った場合は2で必ず手前に戻ってくるようにしましょう。

スキル1.2を使用した後のイヴァは敵からしたら格好の餌食です。

あまり奥に行きすぎるとグラックで引っ張られたり貂蝉の凍結に引っかかったりと色々な可能性が生まれてしまいます。

 

敵の体力が少ない場合と1対1である場合は強気に追いかけても良いですがなるべく手前に切る意識は持つようにしたいですね。

スキル3:幻影

伝説対決イヴァ

8秒間移動速度が上昇して障害物をすり抜けられるようになります。

試合をしていると『透明になって壁に入る』これだけに利用していますが通常攻撃を3回まで無効化できるという特徴も持っていますので覚えておくと便利ですね。

 

さらに、このスキルはコントロール効果を受けている時も発動できるという点から、ギルダーのultや貂蝉の凍結を食らっている時に発動して少しでも身を守るという策をとることが出来ます。

 

ただ、壁に入らないでいる状態は敵に姿が見られているので気を付けましょう。

壁に入る瞬間も見られないようにしてくださいね。

敵が壁から遠ざかってしまうとスキル1が届かなくなるので。

イヴァの立ち回り

さて、本題のイヴァの立ち回りですがスキル解説をしながらある程度の事を書いてしまったので

あまり話すことがありません(^^;)

なので立ち回りで意識していることとコツをまとめておきます。

イヴァのあれこれ~性質編~

1.イヴァはパッシブで回復できるからリコールはあまりしなくてよい。

2.スキル1は絶対に当てるようにしよう。(できれば多くの敵を巻き込む)

3.スキル2は基本的に手前に切る。

4.イヴァはスキルをフルで回して戦うヒーローなのでマップ警戒は怠らないように

イヴァのあれこれ~場所編~

伝説対決イヴァ

大体のジャングラーは最初のガンクをする時に上の茂みで待機するでしょうがイヴァを使う時はここで待機するのが良いと思います。

この場所なら敵ジャングラーの奇襲に会う事も少ないですし、味方が押された後に敵がシーグルを狩り始めた時も狙いやすいです。

 

待機するときはギリギリまで手前の茂みに隠れて敵が近づいて来てからultで潜るようにしましょう。

トップをガンクするときも同じように茂みと、このでっぱりを利用するのが良いですね。

イヴァのビルドとエンチャント

伝説対決イヴァ

ビルドに関しては僕が考えたわけではなくおすすめを使っているので細かい解説は出来ません(^^;)

ただ言える事は宝珠は絶対あった方が良いという事ですね。(右端の青いヤツ)

 

というのも初心者は特にタワーダイブをしたりスキルを使い切って相手を落としにかかろうとしますよね。

でもそういう時って大概敵のヘルプが来て死んでしまいます。

そういう時の為にも宝珠を積んでおけば生存確率がグッと上がるので僕は絶対積むようにしていますね。

エンチャント

伝説対決イヴァ

エンチャントもおすすめの中から採用しています。

メインエンチャントの効果にある『通常、もしくはアビリティを当てるたびにスタックが溜まり、最大3スタック溜まる』というのがイヴァのスキル2使用後の遠距離通常3回と相性がいいと感じたのでこれにしています。

 

輪廻は2回になってしまったし、イヴァの攻撃スタイルからして少しでも火力を上げて落としきった方が良いと思いますね。

 

タイトルとURLをコピーしました